BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

内縁者は遺産を相続できるか?

2021/12/05
結婚はしていないけど、長い間一緒にいる関係を内縁の妻(夫)と言います。
このケースの場合、一方が亡くなり相続が発生すると、遺産は内縁者に相続されるのでしょうか?
今回は、内縁者と相続の関係について解説します。

▼内縁の妻(夫)には相続権がない

どんなに長年連れ添っても、結婚して配偶者になっていなければ、内縁者は相続権を与えられません。

▼内縁の妻(夫)が相続人になるためには

しかし、相続権がないと言っても完全に遺産がもらえないわけではありません。
内縁の妻(夫)が遺産を相続する方法をご紹介します。

・遺言書を書く
遺言書は法的に有効な書類なので、内縁の妻(夫)でも遺産を相続することが可能です。
また、遺言書を書いておけば、相続関係の揉め事を防ぐこともできます。

ただし、注意したいのが遺留分です。
遺留分は、結婚した妻(夫)が遺留分を主張したら、半分の遺産を取得できることです。
この場合、遺言書の通りに内縁者に遺産が渡らない可能性があります。

ただ、遺言書の書き方によっては、内縁者に財産を渡せるので、専門家からアドバイスを受けるのが良いでしょう。

・特別縁故者として相続する

特別縁故者とは、相続人がおらず家庭裁判所で請求すれば財産を受け取れる仕組みです。
ただ、特別縁故者には条件があるので、その条件を満たさなければなりません。

内縁者は相続人にはなれませんが、相続できるケースもあります。
当事務所では、相続に関する相談を承っているので、お悩みや困り事などあれば、どうぞお気軽にお問い合わせください。