BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

仕入税額控除を理解して経営支援に役立てよう

2021/06/01
企業を経営していると、内部での消費税の動きには無頓着になりがちです。
しかし「仕入税額控除」について知っていると、納税額を減らすことができるため経営支援に役立ちます。

今回は仕入税額控除について詳しく解説しますね。

▼仕入税額控除とは

仕入税額控除は、「消費税」に関わる控除です。

消費税は基本的に消費者が負担するものですが、企業どうしの取引でも消費税はかかりますよね。

何かしらの製品を作る、もしくは流通させる過程において、仕入れ段階全てに消費税がかかったままにしておくと、結果として消費税が二重に課税されることになってしまいます。

これを防ぐための仕組みが、仕入税額控除です。

■例えばどういうことか

仕入税額控除の内容を簡単に説明します。

A社が作ったノートを、Bという卸業者に1冊100円で納入したとします。
この場合、B卸業者がA社に支払う消費税は「10円」です。
A社はこの「10円」をそのまま税務署に納めます。

次に、B卸業者がC販売店にノートを120円で納入します。
この時、C販売店がB卸業者に支払う消費税は「12円」となります。
しかしB卸業者はすでに10円の消費税を支払っていますので、税務署に納める消費税は「2円」で良いというわけです。

最後、C販売店が消費者に200円でノートを販売したとします。
この時発生する消費税は「20円」ですが、C販売店は12円の消費税を払っていますので、税務署に納めるのは「8円」となります。

▼まとめ

仕入税額控除制度はしっかり使えばかなりの節税になり、経営支援に役立ちます。
自力で処理するには少し難しい仕組みですので、詳しくは税理士に相談の上、正しく申請をしてくださいね。