BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

準確定申告とは?普通の確定申告とどう違うのか分かりやすく解説!

2021/02/22
準確定申告という言葉をご存知でしょうか。普通の確定申告とどう違うのか気になりますよね。

今回は、準確定申告についてお伝えします。準確定申告は普通の確定申告とどう違うのか分かりやすく解説しますので、是非最後まで御覧下さい。

▼準確定申告と確定申告の違い

準確定申告と確定申告の違いは、故人の確定申告かどうかという点です。詳しくは後述しますが、提出期限がある等注意点もあるので頭に入れておきましょう。

▼準確定申告とは

準確定申告とはどのような確定申告なのでしょうか。下記にまとめました。

■申告期限が決まっている

準確定申告の申告期限は4ヶ月となっています。

■対象となる範囲

対象となるのは故人が亡くなった1月1日から亡くなった日までとなります。

■準確定申告が必要な場合

給与収入が2千万円を超えている場合等、複数の条件があります。

■準確定申告が不要な場合

亡くなった方が給与所得者で一つの勤務先からしか給料を受け取っていない場合は申告不要です。

年金受給者だった場合は、その年の1月1日から相続が開始する時までの年金受給額が400万円以下で年金以外の所得が20万円以下だった場合も不要となります。

▼まとめ

今回は、準確定申告についてお伝えしました。準確定申告は故人の確定申告を行う事をいいます。

申告期限が4ヶ月等、注意点を理解して正しく申告を行いましょう。

谷田義弘税理士事務所では、行政書士の資格を持った税理士が準確定申告についての疑問を解決してアドバイスを行っています。初回無料なのでお気軽にご相談下さい。