BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

相続税に必要な書類➍

2020/10/14

◇株式等を相続したときに求められる書類

 

 相続において株式を上場株式と非上場株式に大別することができます。前者は公開されていて専(もっぱ)ら投資の対象となる株式ですが、後者は被相続人(亡くなった方)が経営する会社の株式という場合が多いとお考えください。前者の評価は、取引相場があるので、客観性も伴い、その評価は特定の方法で行うことができますが、後者の場合には会社の規模によって評価の方法も異なり、該当する会社の決算書類から計算することになります。ここでは、前者と後者、つまり上場株式と非上場株式、さらにはその他の金融資産について必要となる書類をまとめてみました。

◇上場株式を相続すると必要となる書類

 

①預かり(残高)証明書…証券会社によって書類の名称が異なることがありますが、被相続人(亡くなった方)の持っていた財産を明らかにするために必要となります。複数の証券会社と取引がある場合には、そのすべての証券会社から取り寄せる必要があります。

 

②登録(残高)証明書…株主が株式等に係る口座を開設している証券会社、信託銀行等の名称等の情報を確認することができます。

 

③配当金の支払い通知書…被相続人が受け取る権利のあった配当金の有無や額を明らかにします。

 

④取引明細書(直近5年間分)…3年以内に大金が引き出されていた場合、贈与の有無を調べる必要が出てきます。

◇非上場株式を相続すると必要となる書類

 

①決算書類(過去3年分)…「取引相場のない株式等の評価明細書」という税務書類でその会社の一株当たりの価額を計算するために必要となる重要な資料です。

 

②税務申告書類(控)(過去3年分)…その会社の株価を算出するのに必要となります。加えて、その会社の株式の動きを知る資料にもなるので、3年以内の贈与の有無について調べることができます。

 

③株主名簿(直近5年分)…株主の異動を把握します。これにより、贈与の有無などが確認できます。ないときには、法人税の申告書の一部(別表二)を参考にします。

 

④法人所有土地建物の固定資産評価証明書…法人が所有する土地の評価に用います。決算書類では、取得価額しかわかりません。借地権も考えなければなりません。

◇投資信託・その他の金融商品を相続すると必要となる書類

 

①残高証明書…上場株式同様、被相続人(亡くなった方)の持っていた財産を明らかにするために必要となります。複数の証券会社と取引がある場合には、そのすべての証券会社から取り寄せる必要があります。

 

②信託財産保留額および個別元本額…上場株式同様、被相続人(亡くなった方)の持っていた財産を明らかにするために必要となります。複数の証券会社と取引がある場合には、そのすべての証券会社から取り寄せる必要があります。

◇まとめ

 

 上場株式や投資信託・その他の金融商品の場合以上に、非上場株式の評価は難解のものになります。一般的に非上場会社は、中小零細法人が多く、その評価は弱者への配慮や恣意性を許さない政策上の意思などが絡み合って複雑なものになっています。専門性の高い税理士にお願いするべきだと思います。

 

 また、中小企業のオーナー社長は、自社の株式が「1株当たりいくらの価値があるのか?」わかっていないと、相続税がかかるのかか?からないのか?すら見当もつかなくなってしまいます。相続を考えるには、このあたりもきちんと把握しておく必要があるでしょう。

◇自社株式の評価でお困りなら…

 自社株式の評価でお困りなら、鈴鹿市(三重県)の谷田義弘税理士事務所までご連絡ください。難しい専門用語を連発するようなことはありません。ご理解し、ご納得いただくことを目的に、自社株の評価をさせていただきます。まずは、自社株を評価することの重要性からご理解いただくように努めます。是非ご相談なさってみてください。